事業の目的
厚生労働省 若年技能者人材育成支援等事業

1.技能労働者の地位の向上を図り、若者が進んで技能者を目指す環境を整備する
2.ものづくり産業の基盤となる高度な技能を有する技能者を育成する
3.労働者一人一人が情報技術に慣れ親しみ、使いこなせる能力を身に付ける
4.技能者になろうとする者の確保、若年者について段階的な技能付与による職業の安定を図る
以上の課題達成のため、技能尊重気運の醸成や若年技能者の人材確保・育成を目的とします。

委託 この事業を実施する機関
大分県職業能力開発協会「大分県技能振興コーナー」
技能向上支援 技能が尊重される社会の実現 この事業を活用できる対象者
ものづくり中小企業・業界団体(認定職業訓練校含む)の若年技能者工業高校等学校(大学、短大、高専、専修各種 公共職業能力開発施設を除く)の生徒・学生小・中学校の児童・生徒・先生・保護者県民の皆様
この事業の活用による技能検定3級の受検資格取得

工業高等学校の生徒等が検定職種に関する学科に在学していない場合であっても、受検を希望する検定職種に係る一定の講習(3級の技能検定の受験資格付与に係る講習)を受講し、その旨の確認書の発行を受ければ、受検資格が認められるようになりました。(平成30年から)

技能検定3級の受検資格付与の詳細

ページトップ